Sitemap

クイックナビゲーション

過去20年以内に冠状動脈性心臓病の治療が進んでいますが、アフリカ系アメリカ人の男性と女性は、白人の男性と女性と比較して、致命的な冠状動脈性心臓病のリスクが2倍あり続けています。アメリカ医師会の。

この差異は、糖尿病、高血圧、喫煙など、アフリカ系アメリカ人の間に存在する危険因子の量が多いためである可能性があり、この危険因子をより適切に管理することで終わらせることができることを意味します。

米国の冠状動脈性心臓病の発生率は、1970年代以降、すべての人種で一貫して減少しています。この研究の研究者は、2000年から2008年の間に、黒人よりも白人の急性冠状動脈性心臓病による死亡が急減し、これらの人種グループ間の長い間知られていた差異を増加させることを発見しました。

アラバマ大学バーミンガム校の研究チームは、米国の4つの都市からの他のデータとともに死亡診断書の情報を調査しました。Kaiser Permanenteのデータによると、2002年から2007年の間に心臓発作による入院は大幅に減少し、アフリカ系アメリカ人よりも白人の方が減少しました。

研究の筆頭著者であるモニカM。予防医学のUAB部門の教授であるSafford、M.D.は次のように述べています。

「心臓病の発生率に関する最後の報告からの期間中に、2つのことが起こりました。スタチンは冠状動脈性心臓病を管理するために広く使用されるようになり、心臓発作を検出するための血液検査はより感度が高くなり、医師ははるかに小さな心臓イベントを識別できるようになりました。しかし、私たちの研究の前には、これら2つの進歩が冠状動脈性心臓病の発生率の人種および性差にどのように影響したかについてのデータはありませんでした。」

研究者らは、NIHが資金提供した脳卒中の地理的および人種的差異の理由(REGARDS)研究からのデータを調べて、白人とアフリカ系アメリカ人の間、および男性と女性の間の総冠状動脈性心臓病率、非致命的冠状動脈性心臓病率および致命的率を調べました。

彼らは、冠状動脈性心臓病の危険因子が、性別および人種によるリスクの観察された違いに関連しているかどうかを調べました。著者らはまた、これらの違いに対する非常に小さな心臓発作の影響を見ました。これらの項目は、人種の違いが引き続き存在するかどうかを測定し、存在する場合は原因を特定するという目的の一部でした。

UAB研究の24,443人の参加者のうち、アフリカ系アメリカ人と白人の平均年齢はほぼ同じでしたが、腎臓機能の低下、喫煙、糖尿病、および不活動は白人よりも黒人に多く見られました。ボディマス指数と収縮期血圧もアフリカ系アメリカ人の間で大きかった。

参加者は通常、平均4。2年後にフォローアップされました。合計で659件の心臓発作が報告されました。白人女性で115件、黒人女性で138件、黒人男性で153件、白人男性で254件です。

調査結果は、総冠状動脈性心臓病の有病率が白人男性と黒人男性の間で近いにもかかわらず、黒人男性は致命的な冠状動脈性心臓病の発生率が高く、致命的でない冠状動脈性心臓病の発生率が低いことを示した。

一般に、以前の研究と比較して、UABの研究者は、致命的な冠状動脈性心臓病の発生率に人種差が依然として存在し、その発生率が危険因子の重みに関連していることを発見しました。

Saffordは次のように結論付けています。

「人々が心臓病の最初の兆候で亡くなったとき、将来の心臓病を防ぐことは非常に困難です。効果的な介入が利用できるため、これは苛立たしいことです。これらの永続的な格差を潜在的に減らすには、この高リスクグループを対象とした介入を改善し、黒人の間で確立されたこれらの冠状動脈性心臓病の危険因子に対する教育と治療を最適化する必要があります。」

著者らは、アフリカ系アメリカ人の男性と女性の危険因子の余剰は依然として大きな公衆衛生上の危険であり、冠状動脈性心臓病による死亡の高いリスクにつながる可能性があると考えています。

ケリーフィッツジェラルド脚本の作品

すべてのカテゴリ: ブログ