Sitemap
  • 新しい研究では、さまざまな毎日の活動レベルと脳卒中を起こす可能性との関連を調査しています。
  • 研究者は、客観的な加速度計データを使用して研究を実施しました。
  • 研究者たちはまた、座りがちな行動が脳卒中のリスクに及ぼす影響を調べました。

新しい研究では、座りがちな身体活動のさまざまなレベルと脳卒中のリスクとの関係を調査しています。

この研究は、心臓病と脳卒中の両方を考慮する他の研究とは異なり、後者に厳密に焦点を当てています。

Medical News Todayは、研究の共著者であり著名な教授であるバージニアJと話をしました。ハワード博士アラバマ大学バーミンガム校の公衆衛生学部で。

「彼ら(心臓病と脳卒中)はいくつかの危険因子を共有していますが、共有していないものもあります」ハワード教授は説明した。

さらに、MNTは研究の共著者であるDr.スティーブンP。フッカー博士サンディエゴ州立大学の保健福祉学部で。

「加速度計を使用した客観的な測定は、これらの変数間の関係を調べるために使用されていません」と博士は言いました。フッカー。 「光強度の物理的活動は日常的に観察されていません。座りがちな時間の発作は、全体的な座りがちな時間に加えて、データを見る新しい方法でもあります。」

ハワード教授はまた、脳卒中を予防するために必要な身体活動の量と強度を定量化することは困難ですが、この研究はいくつかの重要な進歩をもたらすと述べました。

この研究では、座りがちな生活に費やす時間が少なくなり、身体的に活動する時間が長くなると、たとえ軽い強度や中程度の強度であっても、脳卒中のリスクが低下することがわかりました。

研究によると:

  • 中等度から活発な活動は、脳卒中のリスクを最も大幅に減少させました。
  • 軽い身体活動でさえ、脳卒中の可能性を下げました。
  • 座りがちな状態で長時間過ごすと、脳卒中のリスクが高まります。

研究はで公開されていますJAMAネットワークオープン

身体活動と脳卒中のリスク

活動はに分けられます3つのカテゴリー:軽く、適度で、活発です。研究者は、MET、または「代謝当量」で活動レベルを測定しました。1 METは、安静時に消費される酸素の量です。

軽い活動(2つのMET)含むストレッチ、ゆっくり歩く、店内をブラウジングする、オフィスをさまよう、立っている、食事を準備している、皿洗いをしている、ピアノを弾いている、ベッドを作っている。

この研究では、軽い活動を行うのに1時間費やすごとに、脳卒中の可能性が14%減少することがわかりました。

活動レベルと脳卒中リスクの増加

中程度の活動(3〜6 METS)には、活発に歩く、ダブルテニスをする、バスケットボールをする、平地で自転車に乗る、キャッチアンドスロースポーツ、階段を上る、窓を洗う、床を掃除する、拭く、掃除する、ゆっくり踊る、こすり洗いするなどがあります。浴槽、小さな子供を運ぶ、車を洗う、または園芸。

活発なカテゴリ(6 MET以上)では、ランニング(1時間あたり5マイル以上)、シングルテニス、バスケットボール、サッカー、水泳、ジャンプ、重い荷物の運搬、縄跳び、エネルギッシュな遊びなどのアクティビティを考えてください。子供や犬、またはシャベルやホーイングなどの重いガーデニングで。

研究によると、中程度から活発な活動の週175分は、45歳以上の成人の脳卒中のリスクの43%の減少と関連していました。

座りがちで脳卒中のリスクがある

この研究では、座りがちな時間の時間が脳卒中のリスクと、より短い期間の連続した座りがちな行動、つまり「発作」に関連するリスクにどのように影響するかを調査しました。

「ほとんどの中年および高齢者は、座りがちな行動に時間の65%以上を費やしています。私たちのサンプルは、座りがちな状態で起きている時間の割合がさらに高く、71%から84%でした。」博士フッカーは説明した。

この研究は、1日の座りがちな時間が13時間以上の場合、脳卒中のリスクが44%増加することを示唆しています。さらに、11分を超える座りがちな時間の発作は、8分未満の座りがちな時間の短い発作と比較して、脳卒中のリスクの53%の増加と関連していました。

要点

「私たちの結果は、座りがちな行動の期間を光強度の身体活動でさえ定期的に分割することで、脳卒中のリスクを減らすことができることを示しています。」博士フッカーはアドバイスした。 「意図的に起きて、1日4〜5時間の光強度の活動を蓄積することは有益です。可能であれば、中程度から活発な強度の活動を取り入れることはさらに良いことです。」

彼は、健康に良い影響を与える可能性のある小さなライフスタイルの変更を行うことを提案しました。

  • テレビコマーシャル中に家の中を歩き回る
  • 仕事中に20〜30分ごとに立ったり動き回ったりするようにタイマーを設定します
  • もっと歩くことで光強度の身体活動を増やす

「これにはそれほど時間はかかりませんが、意図的な思考と計画が必要です」とハワード教授は述べています。

「位置を変えたり、ホールや部屋の中や外を歩いたり、掃除機をかけたり、ほこりを払ったり、キャッチボールをしたり、特に保留中のときに電話で会話したりするなど、さまざまな動きをするのは素晴らしいことです」と彼女は付け加えました。

彼女はまた、身体活動のレベルを上げるために「歩いてパンチし、歩いて行進する」ことを提案しました。

「つまり、あなたが歩いている間、交互の腕でパンチの動きをします。次に、マーチングバンドのように、歩くと同時に行進することもできます。」ハワード教授は説明した。

彼女は、怪我のリスクが高い場合や移動が制限されている場合は、活動レベルを上げるときに誰かを同行させることが重要であると警告しました。

すべてのカテゴリ: ブログ