Sitemap
Pinterestで共有する
新しい研究は、アルコール消費と認知機能低下との関連を調査しています。ワンメンメン/ゲッティイメージズ
  • 大規模な観察研究では、適度な飲酒、脳内の鉄蓄積のマーカー、および認知機能の低下の間に関連性が見られます。
  • この研究では、週に3缶のビールを飲むことは、脳に蓄積される鉄のレベルが高くなることに関連していることがわかりました。
  • 鉄の蓄積は認知の問題にも関連しており、研究者は飲酒が認知機能の低下を促進するという仮説を立てています。

アルコールの摂取は脳に損傷を与える可能性があることが長い間理解されてきました。新しい大規模な観察研究は、飲酒が脳内の鉄の蓄積に関連しており、両方とも認知機能の低下に関連していることを示唆しています。

この研究は、アルコール摂取が鉄の蓄積の原因である可能性があり、次に認知機能の低下の原因である可能性があることを示唆しています。

研究者は、20,729人の既存のUKバイオバンクデータを分析しました。このようなすべての観察研究と同様に、関連性を引き出すことができますが、因果関係の決定は、管理された研究によって証明されなければなりません。ただし、協会は定期的に研究者にさらなる探索の道を示しています。

研究の対応する著者、博士。英国のオックスフォード大学精神科のAnyaTopiwalaは、MedicalNewsTodayに次のように語っています。

「私は、男性のアルコール依存者がより高い鉄を観察した小さな研究を読んだので、鉄がアルコール関連の脳損傷の原因である可能性に興味を持っていました。同様の現象が中程度の飲酒者で発生したかどうかを確認することに興味をそそられました。」

「私の持ち帰り」と博士は言いました。トピワラは、「鉄の上昇は、アルコールが脳に損傷を与え、記憶障害を引き起こす可能性のあるメカニズムであるということです。もちろん、患者に介入できるようにしたいのであれば、損傷のメカニズムを理解することは重要です。」

この研究はPLOSMedicineに掲載されました。

アルコール、脳スキャン、および認知テスト

この研究で記録が分析された個人のうち、48.6%が女性であり、平均年齢は55歳でした。

個人はアンケートでアルコール摂取量を自己申告し、研究者はトレイルメイキングテスト、パズルタスクによる流動性知能、カードゲームスナップに基づくタスクによる反応時間の測定など、一連の実行機能テストを使用して認知機能を評価しました。

決して飲まない人はサンプル全体の2.7%を占めました。

アルコールの平均摂取量は週あたり約17.5単位でした。

これは、7缶を少し超えるビール、約8.5ミディアムグラスのワイン、または18ショットグラスのジン、ラム酒、ウォッカ、ウイスキー、テキーラ、またはサンブーカに相当します。

研究者らは、MRIスキャンを使用して、脳内の鉄の存在を間接的に評価しました。研究者が関心を持った主な分野は、大脳基底核感情的、認知的、および運動関連の機能にリンクされています。

いくつかのビールがそれをします

研究者は、週に7つ以上のアルコール単位を飲んでいる個人(適度なレベルの消費)が、脳内の鉄の蓄積の増加のマーカーを示していることを発見しました。

「この研究では」と博士は言った。トピワラ、「4ユニット以上では、7ユニット以上で、より高い鉄の証拠は見つかりませんでした。」これは1週間に約3本のビールになります。

「しかし、私たちが行った別の研究では、線形の有害な関連性が見つかりました。たとえば、ゼロ[アルコール単位]を超える安全なレベルの証拠はありませんでした」と彼女は付け加えました。

現在の分析では、脳内の鉄のレベルが高い人は、認知の問題を抱えている可能性が高いことが明らかになりました。

「アルコールが脳に損傷を与えることはよく知られています。脳に対するアルコールの直接的な細胞毒性効果は知られています。著者らは、鉄の蓄積を通じてこの現象の別の潜在的なメカニズムをもたらします。鉄の蓄積が脳へのアルコールの有害な影響に直接寄与しているかどうかはよくわかっていませんが、この論文で提案されています。
—博士Hossein Ardehali、ノースウェスタン大学のファインバーグ医学部の医学および心臓病学の教授。

おそらくさらなる研究のためのヒント

博士研究に関与しなかったホセイン・アルデハリは、MNTに次のように語った。「これは観察研究ですが、多くの患者が含まれています。著者たちは、入手可能な観測データを最大限に活用しました。」

しかし、彼は次のように指摘しました。

「この研究にはいくつかの制限があり、結論のいくつかは強すぎる可能性があります。たとえば、アルコールが脳の損傷を引き起こし、脳の損傷した領域に鉄が蓄積する可能性があります。アルコールが鉄の蓄積を引き起こし、それが脳の損傷を引き起こすということではないかもしれません。この観察試験の因果関係は十分に確立されていません。」

「私は固い信者です」博士Ardehali氏は、「脳内の鉄の蓄積は、認知機能低下のマーカーであり、おそらくドライバーであり、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患の危険因子です。アルコールの消費は、脳への直接的な影響に加えて、鉄の蓄積による脳の損傷にもつながる可能性があります。」

「飲酒者の脳内鉄沈着が認知機能低下の原因である可能性があります。しかし、鉄の蓄積は、脳へのアルコールの直接的な結果としての脳損傷の単なるマーカーである可能性もあります。したがって、飲酒者の認知機能低下における鉄の完全な機械的役割は、依然として議論の余地があります。」
—博士ホセインアルデハリ

すべてのカテゴリ: ブログ